ブログ

「反り腰?」 腰痛について

その腰痛の正体は「反り腰」かも?

久我山名倉堂接骨院、寅さん大好きの高木です。梅雨入りしてあじさいの花が咲いています。この季節は「男はつらいよ 第29作 寅次郎あじさいの恋」を思い出します。ここからは真面目に。。。

最近新型コロナウイルスの対応を理由にしてサボっていたので、久しぶりに本業についてのブログを書きます。早速ですが、接骨院にお越しになる患者様で腰痛の方が非常に多いです。その中で今回は反り腰について記載します。

腰痛にも種類があります。最近メディアでも目にすることが多くなってきましたが、この反り腰とは何?と疑問を持っている方、また、腰痛で困っている方でこの反り腰が原因で悩んでいる方へ反り腰の対策と予防をご説明します。

【目次】

① 原因

② 反り腰の判断基準

③ 対策と予防

 

① 原因

人の背骨は頚椎が前湾、胸椎が後湾、腰椎が再び前湾して真横から見ると緩やかなS字状のカーブを描きます。そこに不良姿勢筋力低下などで偏った身体の使い方によってこのS字状のカーブに変化が起こります。またお腹が緩んで(筋力の低下、ポッコリお腹)前に出ている人は「骨盤が前傾」して腰椎の湾曲が強くなりやすい。これこそが反り腰の正体です‼

 

② 反り腰の判断基準

※毎回ですが、今回も当院の「健ちゃん」をモデルにします。。。(絵面汚くてすみません 笑)

a

  • 頭(後頭部)、背中、臀部を壁に当てて、両踵を合わせて立つ
  • 壁から10センチ程度踵を前に出して立つ
  • 壁と腰の隙間に手の平を入れる
  • 手の平が壁と腰の隙間に入る(スペースが狭い)・・・正常

 ※拳を作り壁と腰の隙間に入る(スペースが広い)・・・反り腰

 

対策と予防

「反り腰」の人は年齢運動不足で腹筋が低下・緩むと骨盤は前傾しやすく、腰椎にかかる負担を抑える腹圧も低下し結果腰痛になる。「反り腰の人の共通点は腹筋が弱く股関節の前面部の筋肉が硬い。

よってまずは腹筋トレーニングを行う。

【手順】

  • 肘と前腕部で身体を支える
  • 足は肩幅にして、つま先を立てる
  • 顔は正面を向けて、その姿勢を20秒(目標30秒)キープする
  • セット数(キープ回数)は体力に応じて行う

f

次に股関節前面のストレッチを行う。

【手順】

  • 左足を前に出す
  • 右足を後ろに引く
  • 顔は正面を向く
  • 左膝に両手を乗せてバランスをとる
  • 右の股関節前面部を伸ばし体重(負荷)をかけてストレッチする
  • 息をゆっくり吐きながら20秒かけてストレッチする
  • 反対側(逆の股関節部)も同様にストレッチを行う

d

いかがでしたか?「反り腰」について少しイメージできたでしょうか?

腰痛の種類や「反り腰」に対する対策・予防について私なりにご紹介しました。

以上です。

————————————————————-

腰痛でお悩みの方は是非、当院までご相談下さい!

久我山名倉堂接骨院 03-5370-5557

どんなことでお困りですか

  • 首・肩・腕
  • 腰・背中
  • 膝・足
  • 運動中のケガ
  • 初めての方はこちら
  • よくある質問はこちら