ブログ

【野球をしている方、お子様が野球をしている方必見!「野球肘の予防と障害について」】

靴下は左足から履くと決めている、久我山名倉堂接骨院の高木です。(ルーティーンです)

 

1月15日(日)、公益社団法人東京都柔道整復師会3階都柔整ホールにて
第93回東京都委託柔道整復師講習会が開催され受講してきました。
当院にもいわゆる「野球肘」で来院される方が多くいらっしゃいますので、
大変興味を持ち勉強してきました。

 

講師は初森裕隆先生(Hatsu47整骨院 神奈川県柔道整復師会)をお迎えし、
~未来のアスリートを育てるために~「投球動作と身体感覚」柔道整復師ができる
障害予防についてお話がありました。

 

初森先生は福岡ソフトバンクホークス工藤公康監督と共に
「成長期の野球選手の障害予防」に関する活動を全国的に行って、
日頃の施術でもプロ野球選手、プロゴルファーを中心に施術、

コンディショ二ングを行っている先生です。

 

講習会は最新のトレーニングや投球フォーム、
野球肘の理学所見や評価時の注意点など専門的で、
改めて投球フォームの大切さと成長期の肘の障害への取り組み方を考えさせられました。

 

投球動作で重要なキーワードは、「リリースポイントと軸足の股関節の使い方」と習いました。

 

はじめに、投球フォームは100人いたら100通りの「投げ方」と「感覚」があるということを理解したうえで
故障しにくいフォームを身に着けトレーニングしてコンディショニングを整えることが重要だそうです。

 

gatag-00000119
そのなかで野球肘に関係するのは、以下の要素です。
①投げ過ぎ
②柔軟性低下
③筋力不足
④コンディショニング不良
⑤環境(身体機能低下、栄養、睡眠)
⑥遺伝的要素
⑦不良なフォーム

 

投球動作」は並進運動と回転運動で行われる大切な3つのポイントを教えて頂きました。

 

1、体重移動・・・ヒップファーストを意識(ステップ足のズボンのボタンをキャッチャー方向へむけ)
股関節を回すように軸足を捻り、ステップ足は止めないように一気に体重をのせる。
※グローブを持つ方の肩をバッターに長く向ける=正面をできるだけ向けない

2、遠心力・・・腕は振るものではなく、振られるもの(腕は結果振られる)体幹・股関節が回転する
(身体の軸がしっかり回り、それにつられて自然に腕が振られるという感覚)

3、テコの原理・・・グローブを持つ手を強く引くことによって投球側の腕は自然と前に出る

 

コントロールをよくするには、実はグローブを持つ方の肩が重要だそうです。
コントロールの身に着け方しっかり習いました。

【投球についてのアドバイス】

gatag-00002324
技術は反復練習でしか身につかない!では、いつ?
どの時期がいいかというと「神経系」が発達するゴールデンエイジ(9歳から12歳)に
反復練習で動きを覚えることが重要だそうです。
小学生は正しい動き、中学生は持久力、高校生は筋力と目的は成長段階で違うようです。
(これは野球以外の運動も同じかもしれません)

 

■股関節のトルク(捻りの強さ)=エネルギーとスピードをつくる!どうやって?
力の連動は、下記の順番でスムーズな動きを行い、加速させます。

①下半身→②体幹→③肩→④肘→⑤手首→⑥指先

その股関節のトルクをつくれないと代償作用が生じ、
肩の内旋・外旋、前腕の回内・回外(過度に捻り過ぎることになる)作用が
大きくなり肘に負担がかかってしまうようです。

 

リリースポイントの安定性が投球時の重要な要素です
同じリズム・バランス・タイミングで投球することが大切で、
一球一球の投球動作が変わるようではコントロールをつけるのは難しいようです。

 

 

最後に、特に障害を残しやすい、最も難しい「離断性骨軟骨炎」について。
他の野球肘症状とは違い、ポジションや投げすぎや投球フォームの良悪とは関係がない。
予後が悪いのは、上腕骨小頭の血管分散が少ないためであるようです。
肘のどの場所を痛めているかの診断が重要です。

 

 

今回の講習会では施術に対するアプローチや評価・所見・トレーニング方法も教わり、

改めて成長期の肘の難しさを再確認しました。
ここでは細かい所まで記載できませんが、投球動作や正しいトレーニング、

イップス(ボールがある日突然投げれなくなること)に対するケア、

施術内容は当院でしっかり勉強したことを還元し、

「野球肘」で困っている方へ少しでもお役に立てればと思います。

 

 

頑張れ!高井戸第二ジャガース!西宮中!そして甲子園目指して!

ただ、「野球肘」は奥が深いです・・・。

 

久我山名倉堂接骨院  院長  高木 伸季


 

お問合せ予約はこちら

 

■よくある症状例■
【保険治療】骨折、脱臼、捻挫、打撲、ギックリ腰、寝違え、肉離れ、スジ違え

【保険外診療】スポーツマッサージ、鍼灸治療

【交通事故治療】交通事故によるケガ、痛みの治療:むちうち、肩や腰の痛み、手足のしびれ、骨折、捻挫、うちみなど

 

■主な対応エリア■
久我山駅、富士見ヶ丘駅、三鷹台駅、北烏山、南烏山、三鷹市牟礼 ほか

 

※当サイトで紹介している効果・効能については個人差のあるものであり、必ずしもそれを保証するものではありません。

 

どんなことでお困りですか

  • 首・肩・腕
  • 腰・背中
  • 膝・足
  • 運動中のケガ
  • 初めての方はこちら
  • よくある質問はこちら
  • 交通事故診療
  • 保険診療
  • 接骨院日記