ブログ

不眠症状改善施術(スーパーライザー星状神経節療法)

最近のコロナ禍で精神的、肉体的に疲労困憊になり気が付いたら「不眠症状」になってしまった・・・。

なかなか寝れない、寝ても直ぐに目が覚めてしまう。

寝た気がしないなど不眠症状は人それぞれですが、そんな私もれっきとした不眠症状に悩んでいます。

 

ただの不眠症状だと軽く考えてはいけません。

不眠症状は万病のもとで、放っておくと取り返しのつかない疾患に繋がります。

今回はズバリ「不眠症状」についての施術をご紹介いたします。

 羊を数えても、古今亭志ん生の落語を聞いても寝れない方必見です‼

 

【目次】

1.不眠の種類

2.不眠の原因

3.不眠がもたらす症状

4.自律神経の乱れ

5.熟睡するには

6.スーパーライザー星状神経節療法

 

person-731165_960_720

 

【不眠の種類】

・入眠障害・・・寝つきが悪く、床についても30分以上経っても眠れない

・途中覚醒・・・夜中に何度も途中に目が覚めて、起きたらなかなか寝付けない

・早朝覚醒・・・朝早く目が覚めてしまい、その後眠れなくなる

・熟眠障害・・・寝ても、ぐっすり眠った気がしない。すっきり感がない

 

【不眠の原因】

1、心理的原因

・何らかのストレス(家庭・家族・仕事など)に関して起こるもの

2、身体的原因

・身体の疾患や症状(喘息・頻尿・花粉症・湿疹などの痒みなど)で起こるもの

3、精神的原因

・不安や抑うつ(不安障害・パニック障害・うつ障害など)で起こるもの

 

 work-2005640_960_720

 

慢性的な不眠の方の半数以上は何らかの医学的な疾患を持っているとも言われています

また、このような方は日常的に長期間にわたる持続的な過度の緊張と過度なストレス状態が続いています。

 

【不眠がもたらす症状】

・疲労、倦怠感

・注意力・集中力・記憶力の低下

・日中の眠気

・頭痛、肩こりの不定愁訴など

 

【自律神経の乱れ】

我々が生きていくうえで生命維持の全てで、身体的調整(呼吸、発汗、体温調節など)をする神経が自律神経と言われています。

この自律神経には生命活動をオンモード時に働かせる交感神経(緊張やストレス状態に関係する)と、

生命活動をオフモード時に働かせる副交感神経(休息やリラックス状態に関係する)とがあります。

この両者がシーソーのように交互に自動的に身体のコントロールを支配しています。

不眠症状の方はこの自律神経のスイッチが上手くいかなくなっています

 

【熟睡するには】

夜間(睡眠時)副交感神経優位(リラックス状態)にすることが最も重要

・生活習慣の乱れを正す(規則正しい生活リズム、食生活を見直す、運動不足、入浴など)

・ストレスを発散する(適度な運動、趣味の時間をつくるなど)

身体的・精神的疾患は専門医を必ず受診する

 

【スーパーライザー星状神経節療法】

熟睡するには専門医に相談することが大切ですが、少しでも不眠症状を改善するには、

このスーパーライザー星状神経節(喉の奥にある神経の集合体)療法をお勧めします。

施術方法は自律神経の交感神経優位な興奮状態を緩和させてリラックスした身体をつくり、副交感神経優位な状態にもっていく施術こそが、

スーパーライザー星状神経節療法です。無痛でとてもリラックスできて、身体にも精神的にも負担がかかりません。

自律神経の調整をコントロールすることで結果、不眠症状の改善に効果的です

 スパーライザー

【施術時間と料金】

問診10分 施術時間50分 60分  ¥5000(税込み)

※健康保険適応外施術

※各種クレジットカード対応・非接触決済対応

スクエア

 

※当院のお得なポイントカード対象施術

※予約優先(事前にご連絡ください)

どんなことでお困りですか

  • 首・肩・腕
  • 腰・背中
  • 膝・足
  • 運動中のケガ
  • 初めての方はこちら
  • よくある質問はこちら