ブログ

幸福ホルモンとは?

いよいよ本格的な冬を迎えて新型コロナウイルスの感染拡大が勢いを増しています。

暗いニュースでメンタルも疲労しているはずです。

 

この数か月で精神的に落ち込んだり、悩んだりして肉体的疲労プラス精神的疲労もかなり蓄積している方も多いのではないでしょうか?

最近よくメンタルが疲れている(私もそうですが。。。)とおっしゃる患者様が多くなってきました。

 

そこで、今回はメンタルとストレスの関係と実際にストレスと言っても結局のところ身体のどこに原因があるのかまとめてみました。

結論から言うとそれは、原因は脳内にある「幸福ホルモン」がキーポイントとなります。

 

この幸福ホルモンを分泌すること(自己コントロールは難しいですが・・・)で少しでも滅入った気分を高めてくれるといいですね。

これからご紹介する4つの脳内ホルモン(幸福ホルモンが特にストレスを軽減してくれると期待されます。

ご紹介するストレス対策で幸福ホルモンを分泌してこのコロナ禍を乗り越えましょう!

 

目次

~4つの幸福ホルモン~

1、オキシトシンについて

2、セロトニンについて

3、エンドルフィンについて

4、ドーパミンについて

5、共通点と結論

 

【1、オキシトシンについて】

家族や友人と会話する。恋人とふれあう。ハグする。ペットと遊ぶ。エステに行く。

そしてここがポイントです。その中でも「マッサージを受ける」というのも良いとされています。

これらのスキンシップで愛情ホルモン「オキシトシン」が分泌され幸福感や安心感を生み出しストレスを和らげてくれるそうです。

分娩時や母親が子供に母乳を与える際にも分泌されたり、また良好な人間関係が築かれるとき(絆が生まれる)にも分泌されるので男性でも分泌されるようです。

集団生活を営むサルが毛づくろいするのは、スキンシップをすることでストレスが高まるのを防いでいるとのことです。

 

【2、セロトニンについて】

ウォーキングやヨガなどのゆっくりとした有酸素運動を行う

結果血流がよくなり脳が活性され幸せホルモン「セロトニン」が分泌されネガティブな気分を抑えて幸福感を高め自律神経も整えてくれるそうです。

軽い運動を習慣づけている人は、ストレスホルモンの値が上昇しづらいと報告されています。

更に朝食を必ず摂取してよく噛むことが重要です。噛むことでセロトニンが脳内で活性化するそうです。

また朝の日光を浴びることも欠かせなく、朝の太陽を浴びながらのウォーキングがいい組み合わせになるようです。

 

【3、エンドルフィンについて】

軽く息が上がるくらいの、負荷のかかったランニングなどの有酸素運動を行う

代表的なものとして「ランナーズハイ」が有名。

長時間走り続けた時に次第に身体が高揚感を抱くようになる現象の時に快感ホルモン「エンドルフィン」が分泌される。

神経を興奮させて快感を与えたり、また神経を落ち着かせる作用も持つとせれています。

更に鍼治療でもエンドルフィン快感を得られるという結果が報告されています

 

【4、ドーパミンについて】

好きな音楽を聴く。瞑想をする。

情報処理能力や集中力、やる気が高まった時や精神的な報酬を得た時にモチベーションホルモン「ドーパミン」が分泌される。

自分が目標を設定してその目標を達成した時など、例えば食事制限をしていて1週間に1回1食だけ好きなものを思いっきり食べるなど・・・。

 

【5、幸福ホルモン分泌させる共通点】

4つの幸福ホルモン分泌の共通点として深呼吸入浴適度な食事制限(糖質・脂質)でも幸福ホルモンは分泌されるようです。

ストレスを和らげるこれら4つの幸福ホルモンの栄養素的には「タンパク質」で構成されて、

大豆(納豆、豆腐)、卵黄、チーズ(パルメザンチーズ)、鰹節に多く含まれ積極的に摂取するといいようです。

 

最後に私の私見としてストレス軽減、緩和に有効な手段としてお薦めなのは「マッサージ」です。

オキシトシンホルモンの所でも記載しましたが、スキンシップはストレス軽減や緩和にとても適していると思われます。

「マッサージ」を受けた時にリラックスできて幸福感や安心感を感じられるはずです。

今こそ疲れたメンタルと疲労困憊の身体を回復させるために、当院でマッサージを受けてはいかがでしょうか?

 

20200306_185332

 

 

どんなことでお困りですか

  • 首・肩・腕
  • 腰・背中
  • 膝・足
  • 運動中のケガ
  • 初めての方はこちら
  • よくある質問はこちら