ブログ

腸脛靭帯炎について

久我山名倉堂接骨院の高木です。

 

昨今の健康志向ブームというか、既に国民生活に定着しているマラソンでのスポーツ障害について記載します。健康のためにマラソンを始めたランナーや、マラソン愛好家の代表的なトラブルであります「腸脛靭帯炎」の予防と処置についてまとめます。

 

【腸脛靭帯炎とは】

ランニングにより膝外側周辺のスポーツ障害で骨盤から大腿骨外顆に付着する腸脛靭帯(ももの外側の部分)が膝部外側で摩擦し、炎症を起こします。これは膝の屈伸運動を繰り返すことによって腸脛靭帯が大腿骨外顆と接触して痛みが発生します。特にマラソン、陸上競技長距離ランナーに好発します。(バレーボール、バスケットボールのジャンプ・着地動作のあるスポーツでも起こる)

 

【原因】

主因はオーバーユースとO脚(下肢アライメントがKnee-out・toe-in)です。その他に過剰なランニング時間と距離、繰り返し動作、柔軟性不足、筋力不足、硬い地面や下り坂を走るなどの要因があります。

 

二―イン

二―イン・トゥーアウト・・・膝がが内側を向き、つま先が外側を向いた状態。

 

二―アウト

二―アウト・トゥーイン・・・膝が外側を向き、つま先が内側を向いた状態。

 

【症状】

大腿骨外側面の下側(膝の外上部)に圧痛(押した時の痛み)、緊張が増し靭帯の走行に沿って痛みが放散します。

初期はランニング後に痛みは発生し、休むと消失します。しかし、ランニングや練習を続けると次第に痛みは増強して慢性的な痛みへとなっていきます。

 

【治療】

安静とランニングの休止が重要です。次に大腿筋膜張筋、大殿筋などの股関節外側部のストレッチ(当院ではストレッチポール、フレックスクッションを使用します)アイシングと症状に合った物理療法(微弱電流、超音波、レーザー光線)の組み合わせを行います。

いったん症状が出現すると簡単には消失しないので、発症初期の判断と適切な休養時間が最も大切です。

O脚の方はシューズ踵部の外側が削れるのでソール(足底版)を用いれ踵外側部を高くすることも必須です。

 

 

【ランニングフォーム】

常に重心を高く持ちブレないフォーム。重心が下がるとKnee-out・toe-inの状態になりやすく腸脛靭帯への負荷が増してしまいます。

また、足が着地してしてから地面を蹴るまでの間、身体が左右にブレないように注意し足のつま先が内側を向いたり、膝が外側を向いたりしないよう気を付けて着地した足から頭までが、できるだけ直線上にあるようにします。できれば動画で記録し自身のフォームをチェックした方がいいでしょう。また、ランニング時には体幹のブレが大きくなれば着地時に腰が外側にブレてしまい大腿部の外側面(腸脛靭帯)へのストレスが増しますので、体幹のトレーニングも重要であります。

 

~あとがき~

 

この際、思い切って 自分のやりたいことを やったらどうだ。

 

41作「男はつらいよ 寅次郎心の旅路」

 

だんだんと歳を重ねてくると色々な理由で挑戦や自分のやりたいことをセーブしなくてはならなくなってきますよね?今回の腸脛靭帯についても自分への挑戦でマラソンをして身体と心を鍛えたりしているかたが多いなかで、私自身もやりたいことをセーブしたり何か悶々とした日々が続いていました。そこで一念発起し人生で初の楽器に挑戦しました。「長唄 三味線」です。時間とお金を投資し自分の新しい境地へ進んでいこうと思っています。粋なおっさんを目指します。It’s never too late to start.  寅さん思い切ります・・・。

どんなことでお困りですか

  • 首・肩・腕
  • 腰・背中
  • 膝・足
  • 運動中のケガ
  • 初めての方はこちら
  • よくある質問はこちら
  • 交通事故診療
  • 保険診療
  • 接骨院日記