ブログ

体はちょっとした事で効果が感じられたり、改善できたりします。

様々な体の症例から原因や対処方法や治療法などをご紹介するブログをオープンしました。
日常生活における様々な身体のお悩みをサポートします。
24時間皆様の体のサポートが出来るようがんばりますので、よろしくお願いいたします。

新型コロナウイルス感染予防対策と取り組み2

 【新型コロナウイルス感染予防対策と取り組み】

1.ソーシャルディスタンスを院内での密を避けるために予約優先」をアナウンスしております。

2.院内の入り口や窓を開けて、常に換気を心掛けております。

3.施術室は完全個室で、各部屋には換気扇、空気の循環のためにサーキュレーターを置いています。

 

20200716_092412

 

20200716_092409

 

20200716_092405

 

 

当院では患者様に安心してご通院頂けますように感染予防対策を徹底して行った参ります。

新型コロナウイルス感染予防対策と取り組み

20200425_172835

久我山名倉堂接骨院の新型コロナウイルス感染予防対策と取り組み

1.院内の換気

2.施術者の手洗い、手指の消毒の徹底

3.使い捨てベッドシーツの使用

4.患者様へタオル持参協力のお願い

5.フェイスシールド、医療用具グローブの使用

6.消毒と清掃(ベッド、待合室のイス、治療機器、トイレ、玄関入口のドアノブなど)

患者様に安心してご通院頂けるよう当院では、細心の注意をはらってお待ちしております。

7月23日(木)24日(金)診療のお知らせ

20200306_185332

7月23日(24日()祝日は診療を致します。

午前9時00分より午後13時00分

診療を致します!

 

「在宅勤務と腰痛の関係性」

前回「反り腰」について記載しましたが、今回も腰痛を取り上げていきます。

新型コロナウイルス感染拡大により在宅勤務、テレワークが多くなり働き方にも変化が出てきたと患者様からもお伺いしています。

 

そこで、最近の傾向として来院される患者様で腰痛を主訴とされる方が多いようなので、私なりに在宅勤務と腰痛の関係性について考えました。

基本的に在宅勤務になることで、歩くこと(運動量)が極端に減ります。通勤時や仕事時の歩行・歩数の減少が起こります。

 

また、一日中座りっぱなしの状態が長いと股関節を屈曲(曲がった状態)させられ続けて筋肉が硬くなり、

同時に反対の伸展(後ろに伸ばす)に関わる筋肉は使わないことにより弱くなります。

 

【目次】

① 硬くなっている筋肉と弱くなっている筋肉

② 腰痛の予防と対策

③ もっと手軽に腰痛予防

④ 考察

 

【硬くなっている筋肉と弱くなっている筋肉】

※今回も当院の「健ちゃん」がモデルですみません 笑

赤い線は筋肉が弱っているところ

黄色い線は筋肉が硬くなっているところ

 

c

 

【腰痛の予防と対策】

 

・股関節を屈曲させる筋肉が硬くなっているので、ストレッチで柔軟性を高める

※重要な筋肉は、大腿直筋腸腰筋

1、左側を上にして横向きになり、右足は伸ばし切り、左手で左足の甲をしっかり保持し、足を後方へ引っ張り股関節の前面部を伸ばしストレッチを行う。

この際、反動をつけずにゆっくりと息を吐きながら20秒(目安)保持する。

2、反対側(右側)も1、同様に行う。

 

 b

 

・股関節を伸展させる筋肉が弱くなっているので、筋トレ(スクワット)で強化する

※重要な筋肉は、ハムストリングス大臀筋中殿筋

1、足を肩幅に広げ腕を組み姿勢を正し顔は正面を向く。

2、ゆっくりと上半身を下げる。この際、出来るだけ膝を曲げ、臀部を後方へ突き出す。ポイントは曲げた膝が、つま先より前に出ないように注意する。

・10回(目安)を1セットとして自分の体力に応じてセット数を増やす。

 

 e

 

【もっと手軽に腰痛予防】

 

運動の苦手な方にはもっと手軽で簡単にできることがあります。
それは適度な時間(できれな20分程度)のウォーキングです。
負荷のかかる運動が苦手であれば歩くことです。
運動量全体が低下していますので、少しでも時間を見つけて歩くことです。

ここでもワンポイント‼「おすすめウォーキング」をご紹介します。簡単です。
ポイントは歩幅です。
歩くときに少しだけ(3、4センチ程度)自分が普段歩く歩幅よりも大股で歩くことです。
大股で歩くことで結果、股関節のインナーマッスル(腸腰筋)を刺激しトレーニング効果が期待できます。
毎日少しだけ意識して歩いてください。

 

【考察】

 

歩く量が減り股関節周辺部の筋力の低下が起こり、長時間同一姿勢でいるため柔軟性も低下することで腰痛を引き起こすことに繋がる。

よって低下した筋肉回復のトレーニングと、硬くなっている筋肉の柔軟性を取り戻すためにストレッチをすることが重要である。

さらに時間を工夫してウォーキングをする時間(20分程度)を作る。歩く時のポイントとして大股(普段より3、4センチ)歩行を心掛けること。

昨今の新型コロナウイルスの影響と梅雨入りして屋外での運動も限られますが、出来るだけ腰痛予防のトレーニングを行ってください。

また気軽に腰痛以外の症状についてもお気軽にご相談ください。

久我山名倉堂接骨院 高木伸季

7月の定休日のお知らせ

20200707_124148

7月より営業時間と定休日を変更しました。

今月の定休日は8日、15日、22日、29日です。

宜しくお願い申し上げます。

2 / 2512345...1020...最後 »

どんなことでお困りですか

  • 首・肩・腕
  • 腰・背中
  • 膝・足
  • 運動中のケガ
  • 初めての方はこちら
  • よくある質問はこちら