ブログ

【お子様に多い「肘が抜けた状態」。小児肘内障について】

 

久我山名倉堂接骨院の高木です。

 

 

幼少期私はこの小児肘内障を経験したようです。

私は覚えていませんが、肘が抜けたところが病院の中だったそうです。

 

gatag-00013920

 

母親の母、私からすればおばあちゃんのお見舞いに病院へ行ったそうです。

そこで、うろちょろ走り回っていた私を、父親が私を捕まえようと手を引っ張った際に肘が抜けたとのことです。

「1回はあるっ」ていう方は、いるでしょうが、実はまだあります!

もう1回は近所のお兄さんに遊んでもらって、抱っこをされた時に腕を引っ張られもう1回…。

 

この2回の小児肘内障の発生には共通点があります。

それは「腕を引っ張る」という動作です。

 

しかし、必ずしも腕を引っ張られなくても小児肘内障は発生します。

 

 

就寝時に腕が身体の下になった状態で寝返りを打った際になどでも起こります。

※大人の「肘関節脱臼」とは違います。(脱臼につきましては次回記載します)

 

 

今回は、この小児肘内障について記載します。

 

 

hiji

 

 

【小児肘内障の原因

 

 

年少児、特に2~4歳くらいの幼児に多発し、俗にいう「肘が抜けた状態」です。

 

手を急に引っ張ったり、捻ったりした時に起因し、突然痛がって泣き出します。

 

患側(痛い方の腕)の腕は、だらんと下がったままになり、全く手を使ったり動かしたりしません。

 

外観上、腫れたり変形はなく、痛みの部位は漠然としており、はっきりしません。特に腕を上げる動作は嫌がり、少しでも手を上げさせると痛がって泣きます。

 

泣かなくても腕を自分で持ったまま使わなくなったり、動かさなくなります。

(稀に手関節部の疼痛=痛み を訴える場合もあります)

 

これは、橈骨頭が輪状靭帯から亜脱臼した為に起こるといわれています。

2

 

 

 

【小児肘内障の治療

 

 

肘関節を軽く屈曲して外側側副靭帯を弛緩させ、前腕を回内しながら橈骨小頭を前方から圧迫するか、

肘関節をやや強く屈曲し、前腕を回内しながら橈骨小頭を前方から圧迫すれば雑音をふれながら整復(元に戻す動作のこと)されて、すぐに上肢を動かすようになります。

 

時間が経過すると整復しにくくなる事があるので、お子様の異変に気が付きましたら早めの受診をお勧めします。

 

病院は混んでいて、どうしても受診までに時間がかかります。

接骨院はすぐに受診でき、お子様の苦痛を早く取り除くことが可能です。

 

 

 

【小児肘内障の予防

 

 

急に手を引っ張ったりすることのないように、気をつけましょう。

 

学齢期になれば、小児肘内障は自然に起こりにくくなります。

これは骨の成長と共に橈骨(前腕の骨)が大きくなって輪状靭帯から抜けにくくなるからです。

 

また、手を繋ぐ際にはお子様の手のひらを下方向に向いた状態で握ってあげてください。

手のひらが上方向に向いて状態で急に手を引いたりすると肘は抜けやすいようです。

 

 

グラフィックス1

 

 

 

~あとがき~

 

 

落語って、同じ噺でも噺家さんによって全然違うように伝わりますね。

歌だってアレンジもあるのでしょうが、カバー曲って何か違う歌に聴こえますよね。

 

時代、時代で名人と呼ばれる落語家さんは必ずいますが同じ真打ちでも名人はなぜ人を惹きつける噺をするのか?

生意気なようですが、トークテクニックよりその噺家さんの人間力、人間性みたいなものに惹かれていくんでしょうね。きっと。

噺が面白い、面白くないではないのでは?だってその落語のストーリーは同じ噺なので・・・。

 

私は落語を語るほど詳しくはありませんが、当然私も勉強を一生やり続けなければなりませんが、本業の勉強だけでなく他業種へも関心を持ち勉強し吸収して、自分の業へ還元しなければいけませんね。

 

当院の患者様に私の施術を受けたいと思っていただけるような治療家を目指さなければ・・・・。

私はまだ前座から二つ目あたりでしょうが、いつの日か真打ちに昇進できるよう色々な勉強をしていきます。

 

「名倉亭 寅三郎」

 


 

お問合せ予約はこちら

 

■よくある症状例■
【保険治療】骨折、脱臼、捻挫、打撲、ギックリ腰、寝違え、肉離れ、スジ違え

【保険外診療】スポーツマッサージ、鍼灸治療

【交通事故治療】交通事故によるケガ、痛みの治療:むちうち、肩や腰の痛み、手足のしびれ、骨折、捻挫、うちみなど

 

■主な対応エリア■
久我山駅、富士見ヶ丘駅、三鷹台駅、北烏山、南烏山、三鷹市牟礼 ほか

 

※当サイトで紹介している効果・効能については個人差のあるものであり、必ずしもそれを保証するものではありません。

 

どんなことでお困りですか

  • 首・肩・腕
  • 腰・背中
  • 膝・足
  • 運動中のケガ
  • 初めての方はこちら
  • よくある質問はこちら
  • 交通事故診療
  • 保険診療
  • 接骨院日記