ブログ

【寒気を感じる!冷えからくる肩こり】~久我山名倉堂接骨院「肩こり」シリーズ ①~

こんにちは。久我山名倉堂接骨院の高木です。

 

今月の久我山名倉堂接骨院日記は、「肩こり」について重点的に記載します。

 

 

全7回に分けて、みなさまの多くが悩んでいらっしゃる「不定愁訴のチャンピオン」である肩こりについて、日頃患者様より、よく質問される内容を中心に書いていこうと思います。

 

gatag-00013143

 

さて、いよいよ春爛漫お花見の季節となってきました。

しかし、春を迎えても未だ寒い時期であることは変わりません。

 

また、お花見へ出かける機会も多くなり、寒空の下で長時間の宴や、夜桜を楽しみながら寒気を感じたことはありませんか?

寒い中で過ごすことで、しっかり身体は「冷え」てしまいます。

 

 

 

冷えからくる肩こりの発生原因

 

身体が冷えて寒気を感じると、どうしても姿勢が悪くなります。

猫背になり、顎が前へ傾き、頭部の生理的位置が崩れてしまうことで、首の周辺の筋肉に負担がかかります。

そのあとはみなさんのご想像のとおり肩こり」が発生します!

 

この肩こりは、姿勢の悪さ(これは筋低下も関与しています)や、冷えからくる血行不良筋の柔軟性の低下など、様々な因子が複合的に絡み合って「肩こり」を誘発させます。

 

肩こりの症状が進行すると、頭痛、目の奥の痛み、時として吐き気などの症状も引き起こします。

 

 

 

冷えからくる肩こりを予防するには】

 

お花見の予定がすでにある方、寒い日のお出かけの日には「使い捨てカイロ」などを利用するといいでしょう!

わかっているよって聞こえてきそうですが、貼る場所が重要なんです。

 

ズバリ、頭を下へ傾けた時に首の骨が出っ張っているところに貼るんです。

 

第7頚椎部、ツボでいう風門(ふうもん)と呼ばれる首の下側です。

以前の接骨院日記でも記載しましたが、「肩こり」の一番の原因は肩の血行不良です。

 

 

要は肩を冷えさせないよう、寒気を感じる前にしっかり温めることが「肩こり」の予防、回避につながります。
きっとみなさんもご経験があると思います。

 

ml

 

冬になるとマフラーを首に巻きますよね?

巻くのと巻かないのでは、寒さの感じ方が違いませんか?

 

昔から、人は首にスカーフやマフラーを巻くことが、身体を冷えから守ることになると、経験則でにつけていたのでしょう。

 

 

首の後ろを冷えから守る、プラス温めることが、身体の全体の冷えを抑え、結果、「肩こり」の予防にもつながるわけです。

 

肩こりの症状がすでに出ていて、つらい方や、治療法などについては、今後の接骨院日記でまたご紹介いたします。
今月は、「肩こり」に特化した内容で、皆さんの快適な生活を徹底サポートします。
乞うご期待!

 

 

久我山名倉堂接骨院  院長  高木 伸季


 

【久我山名倉堂接骨院 肩こりシリーズ】

①寒気を感じる!冷えからくる肩こり
②肩こりによる疲れ目、目の奥の痛みの原因と治療法
③肩こりからくる頭痛!?肩こりと頭痛との深い関係
④肩こりの原因は、姿勢やストレス!?肩こりと姿勢・ストレスの関係
⑤肩こりに筋トレは逆効果?肩こりを楽にする方法!
⑥肩こりに効く湿布は?肩こりに効く湿布の選び方
⑦肩こりの治療、有効なツボは?お灸や鍼の効能は?

 

【肩こりでお悩みの方へ – 当院はこうやって治します!】

 


 

お問合せ予約はこちら

 

■よくある症状例■
【保険治療】骨折、脱臼、捻挫、打撲、ギックリ腰、寝違え、肉離れ、スジ違え

【保険外診療】スポーツマッサージ、鍼灸治療

【交通事故治療】交通事故によるケガ、痛みの治療:むちうち、肩や腰の痛み、手足のしびれ、骨折、捻挫、うちみなど

 

■主な対応エリア■
久我山駅、富士見ヶ丘駅、三鷹台駅、北烏山、南烏山、三鷹市牟礼 ほか

 

※当サイトで紹介している効果・効能については個人差のあるものであり、必ずしもそれを保証するものではありません。

 

どんなことでお困りですか

  • 首・肩・腕
  • 腰・背中
  • 膝・足
  • 運動中のケガ
  • 初めての方はこちら
  • よくある質問はこちら
  • 交通事故診療
  • 保険診療
  • 接骨院日記