ブログ

【肩こりからくる頭痛!?肩こりと頭痛との深い関係…専門家が教える、治し方!】~久我山名倉堂接骨院「肩こり」シリーズ ③~

こんにちは。久我山名倉堂接骨院の高木です。

 

 

 

前回の接骨院日記では、肩こりによる目の疲れと眼精疲労からくる目の奥の痛みについてお伝えしました。

今回も、前回から引き続き、肩こりと同時に多くの方に起こる身体の不調についての内容です。

 

肩こりと言えば、目の疲れと…

思い浮かぶでしょう。そう。「頭痛」です。

 

今回は、肩こり頭痛との深い関係についてお伝えしていきます。

 

肩こりを訴える方で症状が重篤な方は、頭痛も一緒に訴えるケースがよくあります。

これには、様々な要素があると思われます。

 

 

person-731165_960_720

 

 

【頭痛の種類

 

 

❶緊張性頭痛

 

肩や首の筋肉が緊張血行不良を引き起こして頭痛となって発生します。

後頭部、側頭部、首から肩にかけ圧迫感のある痛みです。

原因は多くは肩こり冷えから発生します。

 

緊張性頭痛は痛みの他にもふらつき目まい身体のだるさなどを伴うケースもあります。

 

対処方法は、肩の血行改善温めることが重要です。

ストレッチマッサージ等で肩周辺の筋肉を動かしてあげることが良いとされています。

 

 

❷片頭痛(血管性頭痛)

 

男性より女性に多く発生するとされています。

 

その多くの方は頭痛の前に必ず身体からサインが出ているようです。

急に肩こりが悪化した」「首や肩が強く張る」「後頭部の凝りが出た」

等の肩こりサインがあるようです。

 

片頭痛の症状は動くと痛みが増すため、

マッサージ、ストレッチ、運動や入浴して温めると症状が悪化します。

ひどい場合はズキン・ズキンとした拍動痛、吐き気(嘔吐)なども発症します。

 

片頭痛は、緊張性頭痛と逆目の周辺こめかみ冷やして血管を収縮させると症状は軽減します。

 

特徴として光や音、臭いに過敏になるようです。

 

片頭痛は脳の硬膜の上を走っている三叉神経から首や肩へ痛みが伝わり、

拡張した血管がこの三叉神経を刺激して神経が分布している首や肩に痛みを誘発するようです。

 

 

❸群発性頭痛(症候性神経痛)

 

前回の「目の疲れ、目の奥の痛みの原因と治療法」でも記載しましたが、

 

この群発性頭痛は、

の奥から側頭部にかけて激しい痛みがあり、

頻度は、年に1回程度、数週間から数か月の期間ほぼ毎日短時間だけ突き刺すような激しい痛みが発生します。

時間帯は、夜中から朝方にかけ睡眠時に起こることが多いとされています。

 

必ず片方の目の奥の痛み、同じ側の目の結膜炎鼻水などの症状が合わせて現れるようです。

 

片頭痛と違い、女性より20歳から40歳の男性に圧倒的に多いです。

 

原因は、ストレスとの関わりが非常に強いようです。

 

この群発性頭痛の予防法としては以下のものが挙げられます。

◉禁煙

◉禁酒

◉睡眠をしっかりとる

◉登山や飛行機の移動(気圧の変化)を避ける

 

肩こりと食べ物、食事については、シリーズ6回目で記載します。

 

 

❹脳の酸欠状態(酸素量の低下)

 

長時間の同一姿勢での作業を行い姿勢が崩れると、

筋肉の過緊張が発生し同時に呼吸も浅くなります

 

呼吸量の低下によって、脳が酸欠状態となり頭痛が引き起こされます。

 

 

❺頭の筋肉の緊張(筋肉による圧迫)

 

首や肩の筋肉と違って頭の筋肉はマイナーですが、当然頭にも筋肉はあります。

前頭筋(額の筋肉)、側頭筋(耳の上の側頭部の筋肉)、後頭筋(後頭部の筋肉)が持続的な筋緊張を起こすことにより、毛細血管が圧迫を受けて頭痛を引き起こすこともあります。

 

 

過度の仕事・作業でオーバーワーク(目の酷使)

 

長時間のパソコン作業下を向いての手作業勉強など。

作業を集中して行うと、目を酷使することになり、眼精疲労が発生、目の奥の痛みや首の後ろの痛みも絡み合った頭痛を引き起こします。

 

 

agenda-1355316_960_720

 

 

【肩こりと頭痛の関係性をひもとく

 

長時間パソコン手作業勉強をするとこで部の生理的位置が崩れる

 

崩れた結果、頭を支える首、肩の筋肉の緊張(凝り)が発生

 

持続的な筋緊張が続くと緊張した筋肉が血管、神経を圧迫し血行不良が発生

 

血行不良は酸素の供給量を妨げ、次第に疲労物質が生み出される

 

血流が悪い部位(酸欠状態)には疲労物質が蓄積される

 

疲労物質は筋肉内の神経を刺激する

 

刺激はへ伝わり、痛み不快感として認識され肩こりの完成

 

肩こりが悪化すれば頭痛につながるケースが多い

 

頭の筋肉が緊張することで頭痛を誘発

 

 

 

治す方法】

 

肩こりと頭痛で対処方法が違うことを理解する。

 

温める場合、冷やす場合、マッサージやストレッチが有効な場合・悪化する場合がある。

 

症状によって、対処を変えることが重要です!

 

 

 

~あとがき~

インテリというのは 自分で考え過ぎますからね 

そのうち俺は何を考えていたんだろうって 

分かんなくなってくるわけなんです。

つまり、このテレビの裏っ方でいいますと、

配線がガチャガチャに こみいってるわけなんですよねぇ。

ええ、その点私なんか線が 一本だけですから、

まあ、いってみりゃ空っぽといいましょうか、

叩けばコーンと澄んだ音がします。 殴ってみましょうか?

 

第3作『男はつらいよ フーテンの寅』より

キャプチャ

 

この方と頭痛とは、無縁のようです…。

 

久我山名倉堂接骨院  院長  高木 伸季


 

【久我山名倉堂接骨院 肩こりシリーズ】

①寒気を感じる!冷えからくる肩こり
②肩こりによる疲れ目、目の奥の痛みの原因と治療法
③肩こりからくる頭痛!?肩こりと頭痛との深い関係
④肩こりの原因は、姿勢やストレス!?肩こりと姿勢・ストレスの関係
⑤肩こりに筋トレは逆効果?肩こりを楽にする方法!
⑥肩こりに効く湿布は?肩こりに効く湿布の選び方
⑦肩こりの治療、有効なツボは?お灸や鍼の効能は?

 

【肩こりでお悩みの方へ – 当院はこうやって治します!】

 


 

お問合せ予約はこちら

 

■よくある症状例■
【保険治療】骨折、脱臼、捻挫、打撲、ギックリ腰、寝違え、肉離れ、スジ違え

【保険外診療】スポーツマッサージ、鍼灸治療

【交通事故治療】交通事故によるケガ、痛みの治療:むちうち、肩や腰の痛み、手足のしびれ、骨折、捻挫、うちみなど

 

■主な対応エリア■
久我山駅、富士見ヶ丘駅、三鷹台駅、北烏山、南烏山、三鷹市牟礼 ほか

 

※当サイトで紹介している効果・効能については個人差のあるものであり、必ずしもそれを保証するものではありません。

 

どんなことでお困りですか

  • 首・肩・腕
  • 腰・背中
  • 膝・足
  • 運動中のケガ
  • 初めての方はこちら
  • よくある質問はこちら
  • 交通事故診療
  • 保険診療
  • 接骨院日記