ブログ

鍼灸施術にも健康保険が使えるの?

使えます!
下記の疾患につきましては医師の同意があれば鍼灸施術にも健康保険が適応します。
1、神経痛(坐骨神経痛など)
2、リウマチ(各関節の痛み)
3、腰痛(慢性的な痛み)
4、肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)
5、頚肩腕症候群(頚部から肩、腕、手先までの痺れ、痛み、だるさ等の症状)
6、頚椎捻挫の後遺症(交通事故や外傷によるむち打ち損傷)

※注意事項

1、健康保険適応になった場合、鍼灸施術受診期間中はその治療部位を他の医療機関(整形外科、クリニック等)などでの治療はできなくなります。健康保険証を使用して同じ部位を治療すること(重複診療)はできません。他の病気や違う部位の治療はもちろん可能です。
2、最初の受診・同意を得てからそれ以降は3か月毎に再度同意が必要です。
3、同意書の依頼はかかりつけの医師がいいと思いますが、同意が頂けない場合は当院指定の医療機関がございますので安心してください。

保険の手続きの手順は?

1、先ずご自身の症状が適応なのかを、当院の鍼灸師へお尋ねください
2、適応症状の方は「鍼灸施術同意書」という書類をお渡しいたします。
3、その「鍼灸施術同意書」を当院指定の病院または患者様が日頃受診されている医療機関(整形外科でなくても大丈夫です)へ受診され鍼灸施術に関する医師の必要事項を記載して頂きます。
4、医師の診察後、記載頂いた「鍼灸施術同意書」、健康保険証、印鑑(シャチハタ以外)を当院へご持参頂ければOKです。

柔道整復術とは?

日本古来の医術で「柔術」を基本とし、ケガ人を回復させる技術として伝承されてきました。明治以降、この技術に西洋の医学を取り入れ「柔道整復術」が確立され、現在は骨・筋肉・腱・靭帯などに加わる急性・亜急性(繰り返しの動作・反復的な動作)の原因によって発生するケガや痛みに対し整復(ケガをした処を元の状態に戻す)・固定(包帯、テーピング、ギプス)・後療(物理療法、手技療法、運動療法)を行うことで、人の持つ自然治癒力を最大限に発揮させ、早期に回復させる治療術のことです。

健康保険での診療は?

骨折・脱臼・捻挫・挫傷(肉離れ)などを無血療法(手術をしないで治す方法)・保存療法で日本古来からの伝統的な柔道整復術を用いて施術いたします。

どんなことでお困りですか

  • 首・肩・腕
  • 腰・背中
  • 膝・足
  • 運動中のケガ
  • 初めての方はこちら
  • よくある質問はこちら
  • 交通事故診療
  • 保険診療
  • 接骨院日記